経営者住宅ローンの思わぬ効用とは?

経営者住宅ローンは、単に経営者自身が借りる住宅ローンという性格だけではなく、他にも副次的な効果を期待できます。
経営者住宅ローンが避けられる理由として、手続や審査が面倒であることが挙げられます。
確かに通常の住宅ローンであれば課税明細書などだけでいいのに対し、経営している会社の財務諸表などの提出も求められます。
経営者に対する住宅ローンは経営している会社の業績も勘案されるのです。
しかし、裏を返せばこの審査で銀行に対して好印象を持ってもらえば、会社自体の信用が上がることは間違いありません。
更に、自社の信用を銀行に知ってもらうことで従業員が住宅ローンを申し込む際にもかなり有利になります。
経営者住宅ローンには思わぬ効用があるのです。
住信SBIネット銀行人気の理由は?住宅ローン研究!【金利が安い?】