デイトレードの移動平均線の見方は?

移動平均線とは、デイトレードでの売買を行う際に、そのタイミングを計るためのガイドラインのようなものです。
過去のローソク足の終値の平均値をそれぞれ結んだラインとなっております。
5本移動平均線、25本移動平均線、75本移動平均線などがありますが、それぞれの移動平均線は、実際の値動きよりもなめらかなラインとなり、遅れて反応が出るという特性があります。
本数を多くしたものほど、遅れて反応した曲線になっていくのです。
この移動平均線を見ることで、売買のタイミングがわかったり、上がり過ぎが一目瞭然で目につきますので、その後の暴落の危険性を懸念することも可能になってきます。
デイトレードでの慎重な取引を行う上で必須になってくるのが移動平均線なのです。