住宅を新築し入居した後に、住宅エコポイント制度や住宅ローン控除を活用することは可能?

住宅を新築し入居した後に受けられる制度は様々ありますが、その中には住宅エコポイント制度や住宅ローン控除もあります。

エコポイントは、地球温暖化対策のための住宅の省エネ化や住宅市場の活性化などのため、エコ住宅の新築した際にポイントが発行され、エコ商品などと交換できる制度のことです。

エコポイントは、階数が11以上の共同住宅などを対象に今年の12月末日までに受け付けており、省エネ法のトップランナー基準相当の住宅または平成11年度基準の省エネ基準を満たす木造住宅の新築工事が対象となります。

住宅ローン控除は、住宅を新築した日から半年以内に居住の用に供し、12月末日まで住んでいたり、控除を受ける年分の合計所得金額が3000万円以下などの条件を満たせば、居住した年以後の5年から15年の間の各年に所得税の税額控除が適用されます。

住宅ローン控除を受けるには、給与所得者の場合、初年度は確定申告の手続きが必要となりますが、翌年以降は年末調整のときに特別控除申告書を勤務先に提出します。

一生の中で最も高い買い物とも言える住宅ローンだからこそ、利子が少しでも安い店で申請したいと思うでしょう。

そこで今回は、安い価格でサービスも充実しているおすすめの銀行をご紹介したいと思います。

それが今、主婦の間でも話題の『イオン銀行』です。

こちらは、圧倒的な金利の安さで注目を集めており、加えて、提携先であるイオンでショッピングをすると割引される嬉しいサービスが付いてきます。

ボーナスなどを利用した繰上げ返済時も手数料は無料です。

金利以外のサービスもしっかり調べておきましょう。

マイホームの購入資金として利用できるのがじぶん銀行などの住宅ローンです。

申し込みはお近くの銀行や信用金庫またインターネットバンキングでも受付ています。

しかし、どの場合でも融資できるかどうか。

審査があります。

重要視される点はその人の職業、年収、勤続年数が重要視されます。

また、一見関係なさそうな過去の金銭トラブル等も基準の中に含まれているので万一心当たりがある場合は最初にそちらを整理し申請されると良いでしょう。

今後、自分の家を建てるために準備されている方で家族からの援助を受けてローンを返済していく方は、もしも贈与税が発生した場合に備えて確認しておきましょう。

この仕組みは、相続する金額によって税金がかかるもので一例として110万円以上の援助を受けた時は、その内の一割を税金として支払うものです。

なのでそれ以下の金額であれば問題ありません。

思いもしないところから援助を受けることもあるので、支払いを上手に済ませるためにもこうした内容も確認しましょう。

税金についてもう少し、調べておくと良いですね。

夢のマイホームを購入してから、それほど経たないうちにガンだと分った時はどのように支払っていけばいいのでしょうか。

一般的には、自動で団体信用生命保険にも加入することになり契約者が死亡した場合は、手当てが払われます。

その中にガン保険がついている保証サービスもあれば、種類によっては含まれないものもあるので気をつけましょう。

それから全く同じように見えても判断された時から始まるものと、例えば13ヶ月以上通院した場合に支給されるものもあります。

このような保証も月々でみるとそれほど大差はないので、このような場合に備えて保険内容も確認しておくと安心ですね。

住宅価格は消費税増税で上がる?住宅ローンと消費税!【建物価格!】

新しく家を購入するためにネット銀行の住宅ローンを申請したけど、本審査で落ちたという方が意外にも多いのをご存知ですか。

その理由として考えられる原因はいくつかあります。

貴方の年収が400万円以下だと厳しいかもしれません。

3年以上務めているか、健康は良好かも判断基準になっています。

過去に一回でも支払いが出来なかった方は、信用に欠ける人と判断されてしまい難しいでしょう。

これらに思い当たるふしがないという方は、もう一度過去の記録を見返すなどチェックしてみましょう。

融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。

住宅ローンと一言で言っても何種類もの商品があり、今注目されている商品がどのような物なのか分らず、迷っているという方がとても多いのが現状です。

どうしても決められないという方はアドバイザーの意見を聞いて、ローンを組むという方法もありますが、有料のところが多いです。

今後も金利などのお金を合わせて払い続ける立場にいますので、有料の相談は受けたくないという方が大半です。

FPの資格を持ちながら仲介者として働く方も多いので、お金を払わなくてもプロの意見を聞くことが出来ます。

実際に利用している方の口コミなども参考に調べておきましょう。

マイホーム購入がそろそろしたいと思ったときほとんどの人が住まいの融資をあてにすると思います。

銀行と名が付く所ならどこでも申請はできるのでせっかくですから評判が良い所が良いですよね。

そんな時は口コミサイトが役立ちます。

参考サイトには資金調達に利用した人たちの意見のほか従業員の態度や店の雰囲気まで細かい所まで見ており、星の数でその良さを示している所もあるのでより良い契約にしたいと思っている方にとって大変貴重な良い参考になるかと思います。

ネット銀行の住宅ローンを組む時に皆さんが一番気になるのが金利ではないでしょうか。

ローンの金利には大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行側から薦めなどはありません。

多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。

また、金利のタイプによって審査が違ってくる。

と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。

どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、その銀行の過去の金利推移などを参考にすると良いでしょう。

住宅ローンの支払いをしていると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。

そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。

繰り上げ返済は月々のローンとは別のもので、まとまった現金を返済する方法です。

繰り上げ返済をすると、元のローン残金を減らす事が出来ますので、元の借入額を減らす事が出来ます。

元の金額が減るので、月の返済金額も減ります。

繰り上げ返済をする時は無料な所と手数料がかかる銀行があります。

これから、ローンを組んで住宅を購入する予定の方は借りたお金を何年で返し、完済したいのか話し合いましょう。

通常は、25年か35年で申込みされる方が多いのですが現実のところ、期間いっぱいかかる方は少数のようです。

殆どの方が10年以内に返済することを目処にしています。

思い掛けない収入が入った場合など、それも返済に充てたい時は手数料が出来るだけかからない銀行で選ぶと良いですね。

月収やお互いの状況もしっかり確認しながら、無理のない返済が出来るように計画を立てましょう。

まずは口コミや評判なども参考にすると良いですね。