自動車にも非常食を乗せておいたほうがいいの?

自動車と言えば便利なものですよね。
今では、大半の家庭に一台はあると思います。
多い所では、一人一台と言う家庭もあるでしょう。
言い換えると、家族全員分の自動車が完備されている家もあります。
それだけ自動車は、現在の生活に欠かせないものになっているのです。
自動車は、自転車とかバイクとは違います。
複数人で同時に移動できるのが利点でもあります。
また遠距離へ行く時にも体力の消耗を極力減らしてくれますよね。
これらが自動車の良いところでもあります。
そんな自動車ですが、時には大きな足枷になる事があります。
例えば大雪が降り地面が凍結してしまうことがあります。
このようになると、とても危険と言えます。
ですから、自動車は気象の変化に弱い乗り物でもあるのです。
(汗)そして、この原則としてはゲリラ豪雨の時にも同じことが言えますね。
ゲリラ豪雨が発生した場合、都市部などでは急激に道路が冠水してしまいます。
(汗)更に冠水が進むと、自動車は一気に大きな足枷へと変わってしまいます。
まず水深が自動車のマフラーを越えた場合、自動車は動かなくなります。
何故かと言うと、マフラーから水が入り込みますよね。
そによってエンジンが壊れてしまうからですね。
ちなみにマフラーの位置は、意外と低いと言います。
もしゲリラ豪雨によって道路の冠水が始まった時は、いつ自動車が止まるかわかりませんよ。
また時には自動車を適切な場所に退避させます。
そのあと、脱出する必要性がありますね。
(笑顔)自動車は、便利な乗り物と思いがちです。
しかし、それゆえに時に油断が原因で大きな事故へと繋がることもあるのです。
それは自然災害でも同じことが言えます。
ケンコーコムの非常食の口コミと評判