軟水比較ガイド

浄軟水器を販売しているメーカーは?またいくらぐらいするの?

浄軟水器という物は、浄水器と軟水器を合わせた、水のことを考えた大変便利な機器です。

 

この浄軟水器が最近は飲食店などで大活躍しています。

 

微生物などを除去した綺麗な水プラス硬度が0のまろやかで無味無臭、料理の素材本来の味を尊重させてくれる軟水の水が作れるこの浄軟水器はグルメ志向の世の中に飲食店には必要不可欠になってくる時代がいつかやってくるかも知れません。

 

その浄軟水器を販売しているメーカーをいくつか紹介していきましょう。

 

まず、株式会社メイスイです。この会社では業務用の浄軟水器を3種類ほど販売しています。

 

まずNFX−OSが手ごろな値段で税込み68,250円です次に、PF−05SがPF−Sシリーズの小さい方で税込み94、500円です。

 

大きい方の型でPF−08Sが税込み113,400円です。次に紹介するのはクリタック株式会社の「アビオソフナーシリーズ」です。

 

これは2種類あって、RS−10Lが税込み60,000円です。RS−10LXは少し大きめで税込み68,250円です。

 

そして三菱レイヨン・クリンスイ株式会社のクリンスイMP02−6です。

 

税込み価格が60,000円でこちらも大き目のサイズがクリンスイMP02−5です。

 

こちらは税込みが65,000円となっていて、5,000?もの浄水機能が付いているので、末永く使うことができるのです。このように浄軟水器にもたくさん種類があります。

 

詳しく内容や値段など調べて自分にあった商品を探すことが購入するには良い方法です。


浄軟水器を販売しているメーカーは?またいくらぐらいするの?関連ページ

軟水器を販売しているメーカーは?またいくらぐらいするの?
浄軟水器とは?