軟水比較ガイド

赤ちゃんのミルクに軟水は向いている?

赤ちゃんのミルクに軟水は向いているのでしょうか。

 

そんな質問にお答えしていきましょう。

 

軟水はカルシウムやマグネシウムなどのような金属イオンの含有量の少ない水のことを言います。

 

それとは逆に硬水とはそのカルシウムやマグネシウムの量が多い水の事を言います。

 

そして硬水にはミネラルが豊富に含まれているのです。

 

その豊富なミネラルや、マグネシウム、カルシウムなどを赤ちゃんがミルクと一緒に摂取すると悪影響となって栄養分の過剰摂取となってしまいます。

 

赤ちゃんは産まれたばかりの繊細なものですから、ミルクの成分だけでも充分の栄養を補っているのに、硬水のようにたくさんの栄養分が入っている水では赤ちゃんには強すぎるのです。

 

ですから、硬水はこのような内容では赤ちゃんのミルクには向いていないのです。

 

次に硬水はミネラルをたくさん含んでいるので、胃腸を刺激しやすいのです。

 

ダイエットをしている人などは排便がたくさんあった方がダイエットには効果的なので硬水を飲料している方もいらっしゃいます。

 

そのようなことから赤ちゃんが硬水によって下痢などをしてしまってもいけません。

 

ただでさえお腹のユルイ赤ちゃんが下痢などをして脱水症状でも起こしたら大変です。

 

このようなことからまとめますと、赤ちゃんのミルクには軟水が向いているということです。

 

ミルク作りの水は硬度30度が理想的となっています。

 

赤ちゃんのミルクには硬水は刺激が強すぎるということです。是非軟水で赤ちゃんのミルクは作ってあげてください。