軟水比較ガイド

軟水で有名なペットボトルの水は何がある?

軟水で有名なペットボトルの水はどのようなものがあるのか一部ですが紹介しましょう。

 

まず「酸素プラス」です。

 

この軟水は、カナダで採取され硬度26.5度です。

 

水の中に通常の10倍の酸素を濃縮しているので、手軽に酸素を補給できるとして、スポーツをしている方にも大変人気の水となっています。

 

そして軟水ですから口当たりもよく飲みやすいとの評判の酸素水です。

 

お酒を飲んだりタバコを吸ったり、ストレスが溜まるなどの症状があった場合酸素を補給すると良いと言われているので、この酸素水を飲むことによって酸素を補うことができます。

 

次に軟水のペットボトルは「サントリーの天然水」です。

 

この軟水は国内でもっとも売り上げがある天然水なので、一度は耳にしたことがあるかも知れません。

 

採取する地域は山梨県で硬度は30度となっています。

 

「クリスタルガイザー」も最近お店などでよく見かけます。アメリカのカリフォルニア州で採取されているのですが、軟水であって硬度が38度で日本人にとってたいへん飲みやすい水となっています。

 

最後に「雲上水」という軟水ですが、このミネラルウォーターはバナジウムが1リットルあたり65ugも含有されているので大変人気となっています。

 

そしてその水は富士山の地価180メートルから採取された水なのでミネラルも豊富で軟水の飲みやすい飲み口となっているから、気軽に飲むことができるのです。

 

このようにまだまだたくさんの軟水のペットボトルの水が販売されています。

 

ペットボトルの水を購入する際に軟水なのか確認して購入するのもいいかも知れませんね。