軟水比較ガイド

軟水とは?

水には軟水硬水というものがあります。

 

いったいその区別はどのようにしていくものなのか疑問に思ったりもしたのではないでしょうか。

 

ここでは軟水について説明していこうと思います。軟水というのはカルシウムとマグネシウムの含有量が少ない水のことを言います。

 

そしてカルシウムとマグネシウムの含有量が多いと硬水と呼ばれるようになります。

 

ここでどのように軟水と硬水を区別するかといいますと、「硬度」によって区別をするのです。

 

硬度というのはカルシウムとマグネシウムを足して数値化したものをいいます。

 

ですから水の硬度が120以下の場合は軟水と呼ばれています。

 

ちなみに日本の天然水などの水は軟水が多く採取されますし、水道水も硬度80前後となっていて軟水なのです。

 

このように日本人は軟水との生活が人生のほとんどとなっています。

 

市販でたくさん水が売られていますが日本の水は軟水が多く外国の水は国によって違いますが、硬水があったりします。

 

軟水は飲んだ時口当たりがまろやかで、たいへん飲料しやすい水となっています。

 

軟水は赤ちゃんのミルク作りなどに向いていて、そのまろやかさを利用してお茶類やお酒の水割りや薬を飲む際にも重宝しています。

 

そして軟水の場合は石鹸などの泡立ちも良くなるので、洗濯などをする場合も軟水の方が良いかと思われます。

 

このように特に私達日本人の場合は軟水とは切っても切れない関係だといえるのです。

 

これを機に水を飲む時に軟水か、硬水か意識して飲むのも楽しいかもしれませんね。


軟水は料理に使用するのに向いているの?

軟水は料理を作るときに使用するのには最高に適しています。

 

特に日本食には合うといわれています。

 

その理由としてまろやかで口当たりが良いので日本食のような繊細な料理には素材質を壊さずに調理できるのです。

 

まず一番のオススメとしてご飯を炊く際は軟水で炊くのは必須といわれています。

 

硬水で炊いた場合はご飯がゴワゴワと硬くなっておいしくないのです。

 

日本人の主食は米ですからやはりその米にあった日本の軟水で炊くのが一番のオススメです。

 

その他は日本食としては大切な煮物などの煮込み料理に向いています。

 

その理由としては昆布やカツオで出汁をとったりする際に軟水を使用すると旨味成分が引き出されるので、煮物などに適しているのです。

 

このように軟水は特に日本料理に向いているのですが、それだけではなくて、飲み物にも大変適しています。

 

例えば日本茶や紅茶、コーヒーそしてお酒を飲む際の水割りなどもそうです。

 

まろやかな口当たりによってこのような飲み物とあわせてもまろやかさを持続できて飲みやすくなるからです。

 

お薬など水を直接飲む際も軟水の方が飲みやすいので良いですね。

 

汁物にも軟水は向いています。

 

スープなども喉越しよくまろやかに飲むためには軟水で作ることをオススメします。

 

全般的に料理には向いている軟水です。

 

このように軟水はカルシウムやマグネシウムの含有量が少ないおかげで素材本来の味を邪魔しないようになっているので、料理に向いていると断言できるのです。